長野県上田市 聖マリア幼稚園のホームページ

  • 〒386-0018
  • 長野県上田市常田2-2-1
  • TEL:0268-22-1398
  • FAX:0268-22-9859
  • E-mail:
  • shiawase@stmaria.jp

 

 

>
>
神父様のお言葉

神父様のお言葉

 

 

たとえ話
宗教主事 大橋和人
 「たとえ話」を、ある辞典では「ある事柄を理解できるようにするために、他の事柄に置き換えて説明するもの」とある。お釈迦様のたとえ話をまとめた「比喩教」という経典もあるそうだ。
聖書の中にも、たとえ話がたくさんある。それは「教える」事が第一の目的ではなく、聞く人に自分の行いについて振り返らせ、自分自身について判断を下し、自身の行動を変えるように導くことを目的としている。よって人は、知らず知らずに、自分自身の判断ができるようになる。
旧約聖書の中のお話。ダビデという王様は、家臣ウリヤの妻が欲しかったので、ウリヤを戦争の最前線に送り戦死させた。王様を神様の選びによって、立たせ、忠告を与える預言者は、ダビデ王のところに出かけ、たとえを語った。
 貧しい男が自分の子供のようにかわいがり、寝食を共にした、たった一匹の子羊、沢山の羊を所有する大地主が奪った話。この話の直後にダビデ王は叫んだ。「そんな事をした者は 死罪だ!」。王様は知らず知らずに、自分自身を振り返る準備をした。そして預言者は言った。
「この男がかわいい子羊を奪ったように、王様、この男とは、あなただ」と。
何度も聞きながら、行動を変えられない私は、真に「聴いて」いない人。